« 2013年10月 | メイン | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月30日 (土)

11

Photo

11月30日土曜日、久しぶりに日差しが見えて紅葉の眺めが素晴らしい。そして近くの山には

初雪の白、今一番綺麗な秋景色。 

2013年11月28日 (木)

Photo_3

息子が、昨日27日午後7時過ぎ、勤務先の、軽井沢のホテルから車のタイヤ取替えに帰って来た。本来は長男なので跡継ぎなのだか、慶応大学卒業後、大企業に就職しながら、自分にはやりたいことがある。と会社を止め、アメリカに行った。暫らくして戻り、家を手伝いするよ。と帰宅し、漆器販売に従事したが、伝統の中身に逢わず、長野に行った。

私の子供は息子は私に似て皆小さい、之は天性で仕方がない。でもてすばっしこく、カケッコは得意だった。小学4年になり野球部に入り1番バッターで活躍、中学はテニス部で県大会で入賞した。成績は極普通だったが、中学高校とぐんぐん上がり、大学は夢の大学に入ったのです。

高い山には紅葉の木々の上に初雪。今年も寒くなるのかなー。

毎日御節中の発想で頑張ってます。

Photo_2

2013年11月26日 (火)

婆ちゃんと梅干

Photo_3

Photo_4

二人目の母が来たのは、私が6歳、姉が小学5年、父が太平洋戦争行ったきりの時代だった。当時世間では当たり前の事で、祖母が幼い頃の母代わりでした。用面倒見てくれた。

今日、福井の生んだ天才、岡倉天心展を見に行く。12月1日まで。

2013年11月24日 (日)

11月21日日曜日快晴

1124

今日は我社も我家もか快晴の本夫々に遊びを中心に車に乗って出かけました。

2013年11月23日 (土)

西山公園紅葉

鯖江の紅葉の最大のスポット、新聞やテレビで毎日報道されて朝10時に行ってみた。

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

曇り空ながら見事な紅葉、今道の駅を増設中なので一年後には多くの観光客で賑やかになるでしょう。

2013年11月22日 (金)

スタッドレスタイヤ

Photo

11月22日雨

寒くなったし、山沿いでは連日雪の予報、北野地方では、雪事故の報道、そろそろ冬タイヤに変えるべきか迷っていたら、ガソリンスタンドから、『今なら半額1500円で交換しますよ』とのメールが入って来た。でも明日までに、市美術展の作品を仕上げたいと迷っている。

 長男は雪の多い軽井沢に勤務中、子供の頃から自分中心の信念の強い何事も世間に惑わされなく激しい性格、

信頼しているけど、たまには世間に頼ってくれよなー

2013年11月21日 (木)

Photo

Photo_2

Photo_3

我家の庭の中の紅葉。

2013年11月20日 (水)

山崎豊子さん

Photo

Photo_2

Photo_3

山崎豊子さん

先日88歳の生涯を見事に生き抜いて、亡くなられた。小説家と知っていたが、難しい題名の小説が多く私は1刷も読んだことが無い。でも報道されてみると、その見事さの生涯に感動する。私は自分のブログに『感動のスケッチ』と偉そうに駄目意を付けて絵を紹介しているが、之だけ真剣に人生を描き切っているだろうか。

私の高校時代の絵の先生で細井研磨先生がいらっしゃいました。この先生の代表的な絵に

一時長生きで有名な姉妹の金さん銀さんがいらっしゃいました。その表情が人生を生き抜いた軽やかな表情に似て素晴らしい。毎日足腰の運動に通っている、トレーニングセンターの壁に飾ってある。何度瀬見ても見飽きない。

2013年11月19日 (火)

バス待ってー

Photo

『バス待ってー』

私達の初めての子供は長女、角嬉しかったー。

当時まだテレビなど無く、世間の情報は近所付き合いの中で見聞きし、話し、教えてもらった。

隣近所仲が良いのは当たり前、大きな家族でもあった。

遊びに行くのも隣近所皆での時代。ある日花見に貸し切りバスで行く事になった。所が長女がもたもたとしてバスに乗り遅れ、仕方なく自家用車で行く事にした。そして、一日遊びまわり、当然帰りは私たち一家は自家用車に乗った。そして、ばすの後について行ったら、長女が『あれバスが行ってしまう、待つてー』と泣き叫ぶので、仕方なくバスに泊まって貰い、長女と家内の二人はバスに乗せ私は車で帰った。

2013年11月18日 (月)

新しい画夫

Photo

自分で作った言葉です。

絵は自分流が大切で、見る人に感動を与える為には、如何に自分を誇示するかにある。と

言う事だと思う、私は今市美術展の作品を描いてしますが、この絵は石の塊になっていなすが完成すると、家屋の峰嶺の雄大な風景にしたいのです。もう似三日待ってください、軽やかな風景害します。

Powered by Six Apart