« 2013年6月 | メイン | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月24日 (水)

造り酒屋

Photo


木ノ本町には、伝統の趣のある、造り酒屋がある。
この酒屋の店先には、珍しい作品がいっぱい
思わず見入ってしまった。

Imgp0780_4


2013年7月23日 (火)

皆で歌う

Photo_3


Photo_4


Photo_2


部落の公民館のカラオケ集会で
楽しく歌った、『南部蝉しぐれ』

仁王右、まだまだだけど良い方向に
描けている、後10日間くらいかなー
頑張る

ミンナデ

2013年7月22日 (月)

ティッシュ容れ

Img_2825

学校で貰ったティシュ箱、風呂場に有ります。
上手く描いたねーね、サチ。この子が
感謝状も書きました。

2013年7月19日 (金)

感謝状

Photo


ブログを立ち上げるにしても、毎日となると一工夫。
今夢中に成っているのが連続テレビ小説再放送の『純情きらり』
時代背景が私より少し年配の人たちの話なので、判り易い。

この時代の父の戦地からの手紙が蔵の中から出てきたので見た事があるが、
言葉空くなに家族を心配している様子が解り、当時の日本男児の心が痛いほど解る。
私の絵の悩みなんて、平和呆けの、我侭かナー

孫娘、高校3年生今年受験、志望は芸大で絵を描きたいとか。
幼い時から絵が好きだった。絵手紙なんて、面白かった。
家の畑の茄子の絵だったと思うが、ブログに取上げたら

友人から『凄い絵だね』。と反応があった。又ユニークさも滑稽で、
ある日食卓の上に、大きな紙に『感謝状』『お婆ちゃん毎日美味しいおやつ有難う』
等など、明日受験準備で出かけるとか、未来のユニークな才能に『乾杯』

2013年7月18日 (木)

昔の話

Photo


ブログを立ち上げるにしても、毎日となると一工夫。
今夢中に成っているのが連続テレビ小説再放送の『純情きらり』
時代背景が私より少し年配の人たちの話なので、判り易い。

この時代の父の戦地からの手紙が蔵の中から出てきたので見た事があるが、
言葉空くなに家族を心配している様子が解り、当時の日本男児の心が痛いほど解る。
私の絵の悩みなんて、平和呆けの、我侭かナー

それにしても、仁王様中々私の思う様に成ってくれない。

2013年7月17日 (水)

水上勉

Photo


我家には、家宝がある。水上勉の色紙である。この色紙はNH:Kの
連続テレビ小説『越前竹人形』の取材で越前漆器の渋地師の姿を
取材に我家を訪れた時、描いて頂いた物と思います。

私が7歳とメモしてありますので、69年前です。
この時母はエキストラとして渋地師のおばちゃん役として、
テレビに出ています。

この度、仁王像をを描いてみて、何百年か前の彫師の見事な腕前に
自分の愚かさ小ささを認めざるを得ません。

2013年7月16日 (火)

仁王像・右

Photo


毎日 何で絵描くのかな。そんな自分姿に疑問を感じながら
今描いている作品に何となく手を入れている、それで良い
今日は、妙成寺の入り口にある仁王像の絵を描いている。

人が掘った物なのに如何してこんなに『不気味なのかなー』
余りの奥深さに辟易しながら挑戦している。一応本日何かの形で
完成し、又疑問が出来たら、描き直す事にするる。

本日只今、右の仁王像やや完成。
何百年か前人間が彫った物なのに、深い、強い、逞しい
執念の産物としか言いようのない、見事な彫り物である。

もう一度も二度も三度も、執念深く彫った人物の心を探る
それが私の使命と想い、描きとおすことにする。合掌

2013年7月11日 (木)

金沢、武家屋敷

Img_2824

金沢市の駅近辺にある武家屋敷、スケッチで凄いと感じ
日本画に描きました。でも、伝統の重みを表現するは
私の画力では、まだまだ力が足りない。もっと描き込むしかないのかなー

Powered by Six Apart