« 2012年6月 | メイン | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

足羽山公園

Photo_3


Photo_4


私の子供の孫たちがもう上は大学生、でも、その親達が幼い頃
良く足羽山公園に連れて行った。それを思い出し、10数年前友人と
公園の茶店で、団子を食べながら、懐かしさをしみじみ味わった。

明日から8月、暑い夏を頑張ろう

2012年7月30日 (月)

北潟湖

Photo


海に近く海水の少し入り混じった湖、北潟湖、理屈ぬきに綺麗だ。
水仙が湖面に浮かぶ幻想の世界近くに東尋坊や松島水族館などがあり、
今は大人に成った我子を連れて、何度も行った。

Photo_2

小浜漁港、この美しい港の近くにも原発がある。
低価格の電力で工業発展には強い味方、でも
福島原子力発電所の不幸な出来事から、人類の敵となった。

2012年7月28日 (土)

躍進凄まじい・『ベトナム』

Photo


Photo_2


3年ぶりにホチミンに行った。変わった・街並み・人々の表情・物価
このヒョロ長い建物『ホチミンスカイツリー』もう一つは伝統のある
『ホチミン郵便局』とにかく街並みも人々の表情も明るく元気になりました。

そして格段に変わったのが物の値段。1/3以下、安い安い何を買っても信じられない。
安い、これじゃー日本はたまらない。作っても作っても海外じゃー売れないわなー
日本のくらーい現実。でも、この国の人達が文化に目覚めて豊になったら、

日本は再び・世界の優等生になる・頑張ろう・日本

2012年7月27日 (金)

手取り渓谷

Photo_2


Photo_3


大野、勝山を通り石川県に入り、一里野の民宿を通って、
手取り渓谷に入る。緑に囲まれた清々しい空気を胸一杯
幸せな気分で、渓谷の水しぶきを浴びる。美しい

2012年7月26日 (木)

大野城

Photo

城 それは古民家の象徴的な存在だと私は勝手に思い描いている。
姫路城・名古屋城・大阪城。日本には有名な城は沢山有るが、福井県には
丸岡城と大野城の2城だけ、でも夫々存在感あり。今回大野城に挑戦。

大野城は約2ヶ月毎日描いているが、まだ仕上がらない、もう2ヶ月挑戦
細部を徹底的にきめ細かく描いて行きたい。城を築き上げた、城主の
懸命な心を自分に置き換え、何とかできる、それが絵の本髄と思い描いて。

2012年7月25日 (水)

古民家の安らぎ・美山町

Photo

Photo_2

静かに進んでゆく日々も、激しく叫飛び跳ねる楽しさも
絵を親しむ筆の中では、平穏なり、ここは如何に進めるべかなー
この繰り返しを約2ヶ月・明日発表します。感動の『古城』

今日の2点、美山の風景・古きよき時代の名残。

2012年7月24日 (火)

京都 美山町

Photo


Photo_2


構えずに気楽なスケッチ。『良い絵を描こう』大切な事です。でも,でも
緊張感に囚われ、震えたらスケッチはバタバタになる。困ったものだねー
毎日毎日楽しく絵日記と親しむ。そんな楽しい気分が必要なのかなー。

今騒がれている、美浜原電の手前をを半島の方角に行くと、京都府美山町に
入る。茅葺の古い町並みを保存している、貴重な古民家が一杯、スケッチを親しむ
私たちには、うるしいふうけいである。吹く風も美味しく良い気分である

明日も美山町のスケッチ続けます。

2012年7月22日 (日)

人生最初の自画像

Photo_2


私が一番最初に自画像を描いたのは、高校卒業間もなくの18歳でした。
『僕は漆器店の長男、絵の道に進むのは夢だったんだなー』決心して
家業の漆器の道に進む事を決め、強い決意で鉛筆で描いた、最初の自画像です。

2012年7月21日 (土)

絵は心の表現

Photo


Photo_2


一年ほど前に示現会の成田先生がが2年前、私の描いている絵を見ながら、
『抽象画とはね絵を描く私達の心なんですよ』、と言われました。
私が何の事かわからずキョトンとしていると『絵は自分の心の表現です』

『広い意味で絵は全て抽象で、如何に自分の全てを表現できるかに価値があります』
凄い一言とですね。私は絵を描くとき、この一言を信念に画筆を走られています。

2012年7月20日 (金)

抽象の意味

Photo


Photo_2


Photo_3

先日、福井県の音楽の伝道『ハーモニーホール』二階で裸婦スケッチの発表会が
あった。約60人の出品者で120点ほどあった。皆さんベテランぞろいで、
迫力満点、暑い夏の暑いセレモニーでした。私のは如何ですか?

私は裸婦スケッチを始めて約25年、長いようだけど、当時からベテランが多く
皆さん相当な腕でした。しかも、皮肉れた抽象は少なく。そのままのリアルさが
表面に出た素晴らしいスケッチが多かった事を鮮明に記憶している。

末尾の私のスケッチ2点を教本に、本当の抽象の意味を次回から解説したい。

Powered by Six Apart