« 2012年3月 | メイン | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月29日 (日)

感動のスケッチ・個展

Photo

5月18日~23日迄、市の文化部のご好意により
鯖江市西山公園…まなべの館にて
感動のスケッチ廣瀬嘉信・個展を開催します。

今回より連日展示絵の製作意図を思い出しながら
連載します。

片山町の八幡神社は今は新しく建て替えられましたが
この絵はその前の神社で、私の祖父、廣瀬嘉左衛門が
建設委員長でした。そんな想い出もあり描きました。

2012年4月23日 (月)

楽しかった 西山絵楽塾

Photo


西山絵楽塾二日目、生徒の数は3分の2になった。
初日ベテラン連中の腕捌きに恐れをなくした初心者が
二日目を飽きられたのだろうか。

あなた達の絵も凄く新鮮で素晴らしかったのに残念
西山先生は、総評で皆さんの絵も全て褒めていましたよ。

2012年4月21日 (土)

西山絵楽塾

Photo

4月21日(土) 4月22日(日)2日間
鯖江市のうつわの館にて、日展作家西山松生画伯の
絵画塾があり、今年の題材は、吉江地区に縁の

近松門左衛門の浄瑠璃人形の人形を描く事に決まった、
ベテランが多く、皆さん見事ですが、その内初日の
私が描いたスケッチ1点を紹介します。後日もう1点紹介します

2012年4月11日 (水)

感動の人生

410
4月10日の富士山 車中にて

Photo
ご夫妻

Photo_2
店内風景

Photo_3
小柄で朗らかな奥様


昨日4月10日東京に行った。親父と私
二代に渡ってお世話になったお得意先が
高齢で店を閉める為、ご挨拶行った。

この店の社長は長崎の有田町出身である。
店は、東京都世田区高円寺商店街にある。
この通りは地方出身者が多く、よさこい踊りなど

各地方の祭が年中行われるなど楽しい通りである。
社長は、25歳で独立して50数年この街で商売し
今年80歳、周りの人達が気遣うようになり、

ここが潮時と決心し、店も自宅も整理し、近くに
夫婦で住める場所も確保し、余生を和やかに過せる
全てを終えたとの事でした。『お幸せに』

さて当日、店の中は超満員、店員はこの日の為に
応援に来た近所の無料報酬?の叔父さんおばさん
品物は有田焼と清水焼が中心で、その外は小物と

ヒロセの漆器位、高級品が多く買いやすい、
売れるは、売れるわ、ン何万円もする清水焼や
有田焼の花瓶や湯のみが瞬く間に無くなって行く。

日本一の美と感動の一日でした。

2012年4月 9日 (月)

紅梅 白梅

Photo


Photo_2


梅ちゃん先生の時代背景である
昭和20年終戦の年、私は8歳
ピッカッピカの小学一年生

運動は得意でなかったが、長い距離を
走るのが好きで、毎日ハァーハァー
言いながら走って学校から帰っていた。

2012年4月 7日 (土)

4月7日・雪

4月の桜の開花が彼方此方で始まったのに

土曜日、早朝五時、雪が積もっていた。
遅い雪だなー……。早速写真に撮った。西の空
東の空、光泉寺、コミニィティーセンター

雪を冠り…冷たく清々しい空気の中で
実に綺麗だ、この村で生まれて育ち
良かったなー… 先祖に感謝

Photo


Photo_2


Photo_3


ロンファースー龍華寺…今日清々しい空気の中で
仕上げに向けて進めたい。気力満開

2012年4月 2日 (月)

戦後

Photo
龍華寺 上海の繁華街にある古い寺
中国語てロンファースー

この寺の絵の描き方を私の今後の教材として
自分を再生として絵の描き方を変えてゆく


NHKの朝の連続ドラマが今日から
『梅ちゃん先生に』代わった。
終戦の年の昭和20年8月からスタート

私の小学1年生からの物語なので
自分の辿った道と比べながら興味深く
物語の推移を辿って行きたい。

Powered by Six Apart