« 2012年2月 | メイン | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

5年の記録

Photo


7


3月31日土曜日、3月最後の日
ブログを書こう、明日は4月だ
5年前の4月に個展を開いた。

『感動の記録』と題しスケッチを中心に
出品した。5年間に色んなことがあった。
生きる事は喜びと、悲しみと、感動の交差

2012年3月26日 (月)

暴風林

Photo_2
パソコン画面をクリックしてください大きくなります。

今年の年賀状に、昨年の東北震災と未曾有の不況を
絡めて、平成24年は日本国民全てが我慢我慢の
忍耐の年との願いを込めて越前海岸の(防風林を)描いた。

皆さんから意外と講評で、福井市郊外のゴルフ練習場内
喫茶店に展示してもらった。お近くにお越しの説は是非
お立ち寄りください。五月まで展示しています。

2012年3月13日 (火)

こうろき橋

Jpg


福井県境の国道を走ると山代温泉に入るが
一般国道で山側から入ると山中温泉の最上部
より入り、そこは山中温泉に沿って流れる

鶴仙峡の渓谷で、落差が大きい見事な流れで、
温泉街のせせこましさに比べ、渓谷美は華麗で
その美しさに見惚れ何度も訪れる浴客は多い

そこで、今年度の示現会の作品は前年度の手取り渓谷
に続き鶴仙峡渓谷に決めて、昨日完成した。苦労したが
鯖江市美展の一乗滝に続き、水シリーズとなった。

2012年3月10日 (土)

六呂師高原牧場

Photo


鯖江市美展も明日11日が最終日・今年度は私個人には
最高の美術展であった。賞の重さ以上に、佐々木小次郎の
逸話が越前地方の昔話として皆に親しまれていて、懐かしく

重みがあったことである。もう一つ六呂師高原。ここは
スキー場として、放牧場として嶺北地方の遊園地として
親しまれているが、その風景を30年前にスケッチしました。

河和田スケッチクラブの皆さんとの懐かしい想い出です
この絵も市美展・洋画の部に出展しました。入賞は無くても
皆様の暖かい観賞眼に感謝いたします。

2012年3月 9日 (金)

水上マーケット

Photo


今年度の美術展は日本画の先生の情熱的な
指導により絵の内面的な秘められた何かを感じ取る
良い修養の場となった。この年になって一人前かなー

Photo_2


佐々木小次郎の立て札と、数年前に描いた洋画…
ベトナムの水上生活者の情景をご覧頂こう。トイレも
お風呂も散髪も同じで雄大な大河と暮している。

飲み水は雨水を貯め瓶に保存して大切に飲んでいる。
日本の飲料水の有り難さをしみじみ感じる。
旅行者向けには水上マーケットとなっているが・

2012年3月 7日 (水)

第4回鯖江市美術展

Photo
この作品は大きいので、画面をクリックしてください

私の幼い頃通っていた小学校の裏山から
小高い嶺を越えると一乗滝に下りる。昔から
修行僧の道場として知られ、佐々木小次郎が

ツバメ返しの術を編み出した道場としても有名である。
夏には涼しさを求め、多くの観光客で賑う。
深深とした雰囲気は、神秘さを漂い心が落ち着く。

平成二十四年3月4日から鯖江市美展が始まった。
私は毎年出品しているが、今年は日本画の事が気になりだし
思いっきり時間を費やした。出来も良くなった。ブラボー

初年度は洋画、2年度からは洋画・日本画の2部門
に出品している。毎年何らかの受賞はしているが、
今年は上位賞を頂き、感動の年でした。

暫くこの作品の製作に追われブログを休んでいましたが
本日から心新たに始めますのでよろしくお願い致します。

Powered by Six Apart