« 2011年2月 | メイン | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

鳩ゲ湯温泉

Photo

     …『鳩ゲ湯温泉』…昨年9月スケッチ
     当時から在った山深い奥地の鉱泉宿
            今でも在る


   下地と上塗りが剥離してしまったというのだ。
   大変な事になった。カシューと漆がくっ付かず
   全部駄目になり全て返品。私の初仕事は、完敗

   まだその頃、日本は高度成長期、お客様もニッコリ
   『次は変なもの作るなよ』和やかな時代だった。
   私は東京に出向き『ごめんなさい』とぺこり

       おおらかな時代だった

2011年3月30日 (水)

初仕事

Photo

寿司桶は木製なので漆の使用量も多く価格も
高くなり困っていたので、表に出ない
下地塗りだけでも安く上げようとカシュー下地を

縫った。それがなんと私の修行・初仕事でもあった。
嬉しくて夜遅くまで仕事して、綺麗に仕上がって
先輩上塗師が早速、仕上塗りをして完成。やれやれ

そして、1週間が経ち、お客様に発送完了。
ところが、間もなくお客様より怒りの電話。
全部剥げちゃったよ。

真っ青

2011年3月29日 (火)

寿司桶

Photo

昭和30年頃から朝鮮動乱特需等で
国民の生活が裕となり、食生活にも潤いが出来た。
特に魚を主力とした食文化が多い日本は、

お寿司ブームとなり、塗り物の寿司桶生産が多い
河和田を中心とした越前漆器業界は勢いを増し
寿司桶生産の町として有名になった。

それが、この写真の木製寿司桶である。

2011年3月28日 (月)

漆器の歴史

Photo
          ……『梅花』……   
          絵の仲間の秀作


漆器の塗料は古くから漆であるが、当時から生産量に限界があり
明治時代から中国の輸入品に頼っていた。それが第二次世界大戦で
中国との国交が無くなった為、漆不足が現実となり、登場したのが、

漆に代わる新素材として石油を原料とし開発した㈱カシューの
カシューで、一躍当時の人気商品となったが
所詮、漆に代わる素材は地球上には存在せず、珍喜劇が始まった。

2011年3月24日 (木)

Photo
     …『鳩ゲ湯』…

大野市の元和泉村の入り口に有るのがこの鉱泉


昭和30年代前半に、私は高校を卒業し、漆器製造販売の家業に就いた。
終戦後10年過の日本経済の急激な成長期で、朝鮮動乱からベトナム戦争
と激しい世界情勢に併せ日本経済が揺れ動いた。そして、

貪欲な物流の動きにあわせ、全国民が理屈ぬきで毎日皆良く働いた。
そんなある日、漆器蔵の中を片付けていたら、当時作った古い寿司桶が出てきた。
この寿司桶は訳ありで、下地が当時のカシュー塗料である。

2011年3月23日 (水)

廣瀬嘉左衛門漆器店

Photo
   …『壷花』…


漆器は、文字の示すとおり漆を主原料として作られている。
私は、200年余の伝統を誇る・廣瀬嘉左ヱ衛門漆器店の7代目
店主として生まれた。生まれた時に職業はきまっていたのである。

2011年3月22日 (火)

微笑み

Photo
…『赤ちゃん』…県立美術観学習室


地震から九日目、災害報道は一向に収まらず
日本国民の心は、平和な日本が早く戻って欲しい
その思いで、日々努力をしている。

このスケッチは、グループの仲間が、子育て中の
お母様にお願いして、描かして貰った『尊い命』の賜物です
元気な顔と手足、頑張ってね

2011年3月19日 (土)

西山公園のお地蔵さま

Photo_2


鯖江の西山公園は大きな公園があり
中にさくらや紅葉の木などが園一杯に植えてあり
春には『さくら』5月は『葉紅』と楽しさ一杯

しかも、どんどん上って行くと、サルや鶴、レッサーパンダなどの
小動物、道端には延々続く地蔵さま、秋には花火
長い間に随分整備されて、重みを増してきた。

このスケッチは、東北関東大震災にちなんで
命を落された皆様に、ご冥福を祈り、今朝描いて来ました。
…どうぞ安らかにお眠りください…

2011年3月18日 (金)

被災者と共に生きよう

Photo


地震災害と原爆災害、
二重災害に苦しむ日本
何時収まるのかこの惨事

昨日、日暮れの6時時過ぎ
福島原電3号機に冷却水投下開始
と同時に日本の株価下落ストップ、

それと同時に史上最高更新の円高、
これ以上は日本経済苛めないで下さい。
世界の中間たち。

これから日本は死に物狂いで復興に
尽力を注ぐので、応援頼みます、
全日本の皆様・世界の皆様

2011年3月17日 (木)

福島原発

Photo

   …無常にも日本の空を雪雲が…
    …午後にはようやく薄日射す…


今日は朝から薄日か射しているが
災害現場手は,放射線被害で大騒ぎ
1号機・2・3・4号機も爆発、冷却の為

防衛庁、消防庁も出陣、国家を挙げて
懸命に消化に努めている。
その間にも被災者は暖房も無いまま

寒さに震えている。

Powered by Six Apart