« 2010年7月 | メイン | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

水上マーケット

Suijomketo

    …2005年8月描く…F100号油彩画…

  …上下とも……カントゥーの水上マーケット風景……

Suijoomaketo


  昨日の絵のような支流の水上生活者が
  小船に乗ってマーケットに集まり、
  日常品の買い物
  自作野菜との物々交換等
  楽しいお喋りの場でもある

2010年8月30日 (月)

水上生活者(ベトナム)

Suijoseikatu
       …2001年8月…F30号油彩画…

     今年の日本は酷暑の夏
     と悲鳴を上げているが

     ベトナム最南端カントゥー(フランス統領時の避暑地)には
     生活に即した原始的な水上マーケットがある。

     ここでは住民の日常生活が
     川を中心に成り立っており、
     炊事、洗濯、入浴、体温調節
     交通手段も川である。

     赤道直下に近いカン・トゥーは
     気温は常時40度に近い

2010年8月29日 (日)

芭蕉寺

Basiotera

     …2005年5月16日…スケッチ


      奈良には多彩な寺が多く、
      この芭蕉寺もその一つで
      庶民的で人気が高く
      それでいて御堂の中の多彩な仏像が
      厳かさを見事に表現している

2010年8月28日 (土)

下呂温泉・水明館

Suimikan
    …水明館… 一番上の建物

下呂温泉の中でも
一番規模の大きい水明館

ここには、有名な画家の
作品が展示されているので
見に行った

普通には宿泊客しか見ることは出来ないが
ここの大女将は、芦原温泉の老舗旅館から
嫁いで来たので、福井県人と知って
にこやかに『どうぞお入りください』
と、招き入れられ

絵だけでなく、旅館施設も案内して頂き
次の機会には『是非お泊まり下さい』と丁重にあいさつされ

次回は優雅な気分の味わえる、
水明館に泊まりるぞと決意した

2010年8月27日 (金)

板取の宿②

Itadori
…この絵は2003年に描いた…F100号油彩画

思い出の絵なので懐かしく

7月7日…激しい雨の中
こんな時はどんな表情かなー
と興味を抱き雨の中訪れた

着くと横風の激しい雨、
車を降りた途端、
石畳が水しぶきできらきら輝いた

これだー とシャッターを切ると、
ビューと私の身体に水が巻付き
『俺を描いてみろー』と凄んで来た

感動に平伏して描いた
板鳥の宿、2作目
近日、このコーナーでに掲載します。

2010年8月26日 (木)

片山八幡神社

Hacimanjinja
     …1975年描く…F50号油彩画


     片山町は
     越前漆器発祥の地で
     元は…片山椀…と呼ばれ
     近年越前漆器となった

2010年8月25日 (水)

Photo
   …2009年10月31日…描く


   自然の豊な安曇野
   胸いっぱい大気を吸い込み
   深呼吸


   自然美に最敬礼

2010年8月24日 (火)

大王崎灯台

Photo
    …2008年5月24日描く…


位置…三重県志摩半島南東端の岬

私はスケッチ時、自分流に没頭するが
この灯台は自分流の余地が無い

少しでも歪むと拒否され
格好よく描こうとすると
崩れて描けない

ご免なさいと頭を下げて
30分スケッチに没頭した

2010年8月23日 (月)

絵の愛好家の集まり…グループE

Photo
     …2005年4月17日描く…


福井市に絵の愛好家集団
…グループE…がある。
リーダーはM・Kさん、女性です。

昨日のギタースケッチから
この集団の活動紹介です

私は普段花は描かないのですが
この仲間は女性が多く
例会のスケッチは殆ど花が題材です

集合時間が12時半と中途半端なので
わたしの到着時間は1時過ぎです。
どんな題材も自分流に変身する私は

花のスケッチは約10分で仕上げ
何時も遅く来て早く帰ります。


2010年8月22日 (日)

高年齢者社会

Photo

      私の絵仲間・Yさん
     …2009年1月12日描く…

    70代半ばながら
    ギター抱えて『いんきょーず』
    なるバンドリーダー

    Yさん元気だなー

    Yさんに負けじと
    今朝は5時からウオーキング

    四方山に囲まれた当地方は
    8月も20日を過ぎると、流石に涼しい
    
    美味しい空気を胸一杯吸い込み
    歩き始めて間もなく、
    上半身裸の老人に会った

    『お早う』と大きな声で挨拶されて
    
    あれ、誰だったけなー、と考えたら
    暫くご無沙汰の同級生O君、

    そして間もなくね曲がり角で
    隣の80代夫婦に会った

    よくよく考えると、2軒隣は70代夫婦
    その前隣も70代夫婦
    3軒隣は少々若い60代夫婦
    
    あー高齢社会は我が家の近所もかー

Powered by Six Apart